マカハバレーカントリークラブ

アローハ皆さん!

前回に続き、マカハバレーカントリークラブの紹介をします。

砲台で芽が海に向かって生えるグリーン

このゴルフコースは、前に紹介した通り距離はあまりないので、ドライバーで良いショットがでると、次のクラブはショートアイアンと言うホールが多くあります。グリーンまで以外と簡単だな~、なんて侮ると、意外や意外、そのグリーン攻略(パット)がとても難しいです。それは、グリーンが砲台になっていて、距離感をつかむのが難しいことや、サイズが小さいのと、芽がすべて海に向かって生えていると言うことです。この芽の秘密をしらない多くのゴルファーが悩まされます。すなわち、海に向かってパットをするととても早い、その逆で海から反対方向はボールの転がりが遅くなり、距離感が狂わされます。マカハバレーにてプレーされる方は、これだけは覚えておいてください。

3番ティーから見えるブラックロックと海

それから、ゴルフをプレーしながら、周りの景色を堪能することがこのコースのもう一つの楽しみ。18ホールは、すべてから海が見えるのが売り物です。特に3番から見える景色は綺麗で、マカハの名所ブラックロックと言う、岩の小山がビーチ沿いにあります。現地の人たちはこのブラックロックの回りを、サーフィングやダイビング等をしながら楽しんでいます。

マカハゴルフをぜひお楽しみください。

Tachibana Enterprises LLC 渡辺 達夫