JTBマウイマラソン レポート第2弾!

アロハ!
JTBマウイマラソンは2日間に渡り、1マイル、5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンの5種目のレースが開催されます。
中には、1マイル/5km/ハーフマラソンの3種目を制覇するハーフ・ウォリアー、1マイル/5km/10km/フルマラソンの4種目を制覇するフル・ウォリアーという「ウォリアー・チャレンジ」にエントリーする方もいらっしゃるんですよ~。

今回はフルマラソンとハーフマラソンの様子をレポートします。

9月20日(日)
朝3時・・・フルマラソンに参加する人たちを乗せたバスはカアナパリ地区を出発して、スタート地点のあるカフルイ空港近くのクイーン・カアフマヌ・センターに向かいます。
4時頃到着すると有森裕子さんがお出迎え。ルックJTBマラソンツアーにご参加のお客様を対象に、有森さんによる決起集会が開催されました。
スタート直前のアドバイス、そして全員で完走に向けてエイエイオー~!!


そしてマラソン協会主催のズンバでウォーミングアップし、アメリカ国歌・ハワイ州歌の斉唱のあと、スタート地点まで移動し、5時にスタート!!


同じ頃、ホエラーズビレッジ前でもハーフマラソンがスタートしました。こちらはファイヤーナイフダンサーのパフォーマンスがあったようですよ。


ルックJTBではランナーを応援するファミリーやお友達のために観戦ツアーをご用意。スタート地点で見送ったあと、有森裕子さんと一緒にバスに乗って応援ポイントに移動します。

まずは10km付近。まだみんな余裕の笑顔で、観戦ツアーの応援団とハイタッチ!


20km付近に移動。15km付近から上り坂が続き、ちょっときつくなってきます。でも応援してる家族やお友達の姿を見ると自然と笑顔になります。有森さんを見つけて思わず一緒に記念写真を撮るランナーも。


そして30km付近。ローカルの応援も少なく、体力的にも精神的にもつらくなるあたりでも応援します!

有森さんと観戦ツアーの応援団は、最後にホエラーズビレッジ前のフルマラソン&ハーフマラソンのゴール地点に向かいました。

仲良く手をつないでゴールする人、ゴール手前で待っていた子供と一緒にゴールするママさん、ゴール付近で応援している地元のチアリーダーが駆け寄ってランナーを励ましながらゴール姿など、たくさんの感動を見ることができました。





ゴールの先にはアフターパーティーの会場があり、ピザとビールで乾杯です。暑い中頑張ったあとのビールは最高でしょうね~♪


JTBのテントではルックJTBのお客様を対象にドリンクや軽食のサービスがあり、テントの下でゴザを敷いてみなさん休憩されていらっしゃいました。


午後1時にはレース終了。2時からはウェスティン・マウイ・ホテル内のバンケットで「有森裕子さんとの交流会」を催行。レース前日からずっとサポートしてくださった有森さんと一緒にレースの感動をわかちあいます。レース中に大変だったことなど、どうやったら解決できるのかなど、いろんな質問が飛び交い、それに対して有森さんから的確なアドバイスをしていただきました。




これで2日間に渡るすべてのイベントが終了~。ランナーの皆さん、そして応援されていた皆さん、お疲れさまでした!!

2日に渡って5種目のレースを開催するランニングイベントはなかなかありません。子供から大人まで、そして初心者から上級者まで楽しめるJTBマウイマラソン! ぜひ来年チャレンジしてみてくださいね。

スタッフ一同、心よりお待ちしております!


JTB Hawaii Travel, LLC. 石黒 ゆき