こんにちは!
JTBスポーツ ラグビー事務局担当です!
年末年始、皆さまはいかがお過ごしでしたか?

私は実家の北国へ帰省し、ぬくぬくと過ごしてまいりました。
お正月といえば、箱根駅伝に高校サッカー、大学ラグビーと、さまざまなスポーツの頂上決戦がお茶の間を盛り上げます。
毎年楽しみにしてらっしゃる方も少なくはないのでは?

そんな中、先の3連休中日の1/7(日)に行われたラグビー大学選手権を観戦してきました!

私が会場に到着したのは、試合開始の30分前でしたが、場内はほぼ満席!
9連覇をかけた帝京大学の赤と、21年ぶりの優勝をかけて戦う明治大学の紫紺。
両チームのサポーターがスタジアムを2色に分かち合います。

奥が帝京大学、手前が明治大学

ラグビーの国際マッチでは、ホーム&アウェイなく各々の座席で観戦しますが、日本の大学ラグビーでは、このようにファンが分かれて座ります。
これは日本独自のラグビー文化かもしれません。両校のファンの思いが競技場を暖めます。

前半、機動力を活かし敵陣に攻め込み、試合を動かしたのは、明治大学。
前半でなんと3つのトライを挙げ、9連覇中の帝京大学を17対7と引き離します!

「これはもしや・・・!」
明治大学ファンのボルテージは最高潮。

後半折り返しでも明治大学の猛攻は続きます。

が、王者・帝京大学は一瞬の隙をついてトライを重ね、後半20分、逆転に成功。

試合はそのまま20対21のシーソーゲームでノーサイドを迎え、帝京大学が9連覇の偉業を成し遂げました!!

「どっちが勝ってもおかしくない」
素晴らしい試合に試合終了後は、観戦者から両校選手に惜しみない拍手が送られました。

4年生にとっては、これが最後の試合。毎年選手が大きく入れ替わり、先人たちの遺伝子を継いで、3年生以下が伝統を継承し、新たな歴史を創る。
これぞ、大学ラグビーの醍醐味。

私も、なかなか会場を離れることができず、選手たちの今シーズン最後の姿を目に焼きつけたのでした。

2019年には、ここからも世界の舞台に立つ選手がいることでしょう。
熱戦と感動をありがとう!

❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉
ラグビー関連の最新情報は、こちらからチェックを!
http://www.jtb.co.jp/sports/rwc2019/index.asp

下記URLより情報配信登録をご利用いただき、 メールマガジンで希望するスポーツジャンルにおいて、「ラグビー」に必ずチェックをしてください。
https://www.jtb.co.jp/form/sports/mform.asp

今後、最新情報をいち早くメールマガジンにて配信させていただきます。

JTB SPORTSオリジナルTwitterでは、スポーツ好きな皆様におすすめ情報を
お届けします。ぜひ、フォローしてみてね!


❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉❉