こんにちは。JTBスポーツ バドミントン担当です!

グラスゴーで開幕している『世界バドミントン選手権2017』の現地レポート第3弾をお送りします。

~4日目~
女子シングルス3回戦には、山口選手、大堀選手、奥原選手が出場。
中国選手と対戦した山口選手は残念ながら敗退したものの、日本人対決となった大堀選手と奥原選手の戦いは奥原選手が見事勝利!

男子ダブルスには、園田選手と嘉村選手のペア、井上選手と金子選手のペアが出場。
園田・嘉村ペアは見事準々決勝に進んだものの、井上・金子ペアは残念ながら3回戦で敗退となってしまいました。

練習でもリラックスムードの選手たち

女子ダブルスには、高橋選手と松友選手のペア、福万選手と與猶選手のペア、福島選手と廣田選手のペア、田中選手と米元選手のペアが出場。
高橋・松友ペアと、福万・與猶ペアの対戦は高橋・松友ペアが勝利し、他ペアも見事に海外選手相手に勝ち上がりました。

~5日目~
女子シングルスには、奥原選手が出場し、見事に勝利!
男子ダブルスには、園田・嘉村ペアが出場し、こちらも見事に勝利!
女子ダブルスには、高橋選手と松友選手のペア、福島選手と廣田選手のペア、田中選手と米元選手のペアが出場。
高橋・松友ペアと福島・廣田ペアは見事に準決勝に進んだものの、デンマーク選手と対戦した田中・米元ペアは残念ながら敗退となってしまいました。今回の大会では、3位決定戦が行われないため、準決勝進出者の銅メダル以上が確定しました。

~6日目~
大会6日目にあたる26日は、各種目の準決勝が行われました。
世界ランキング1位の高橋選手と松友選手のペアが中国のペアと対戦し、ゲームカウント0対2で敗れ、残念ながら決勝進出はならず、園田選手と嘉村選手ペア同様に銅メダルという結果になりました。
女子ダブルスでは初出場の福島選手と廣田選手のペアが、去年のリオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得したデンマークのペアと対戦し、見事決勝進出。
女子シングルでは、前回大会準優勝のインドのサイナ・ネワール選手と対戦した奥原選手が見事決勝進出!世界選手権の女子シングルスで日本の選手が決勝に進出するのは初めてです。がんばれ奥原選手!!

今後も現地の様子をレポートをしていきますので是非ともお楽しみに!
皆で日本代表を応援しましょう!

~JTBは、バドミントン日本代表を応援しています。~

がんばれ、NIPPON!!Fight JAPAN!!

※掲載の写真は練習風景のものとなります。